ラプロスニュース

2021年1月のメッセージ

『 新たなチャレンジで プラスのエネルギーを! 』

 

 新年おめでとうございます。今年一年が皆様方にとりまして安寧な日々が過ごせる良い年になりますように心より祈念申し上げます。

 昨年は新型コロナウィルスの世界的パンデミックに加えて熊本県南部などで大きな被害を出した令和2年7月豪雨、また9月には九州南部を中心に過去最強として特別警報が出る寸前であった台風10号など、安寧とはまったく正反対の大変な一年でした。

 でも最後の月に明るいニュースが飛び込んできました。

「はやぶさ2号」サンプルカプセルの豪州への着地と回収の成功です。10年前に小惑星イトカワの砂を持ち帰った時の初代「はやぶさ」の探査機帰還時はサンプルを無事 地球に持ち帰り、自らは確か燃え尽きたと記憶しているのですが、今回の2号はまだ25%の燃料が残っていてリュウグウから採取したカプセルだけ切り離して地球に届け、自分はまだ任務を続けるのだそうです。

初代も今回の2号もプロジェクト関係者の日々の緻密で丹念な業務遂行に頭が下がる思いですが、何よりも私たちに宇宙へのロマンを呼び覚ませてくれる事が感動ですよね。

 一方で昨年この欄で書いた東京オリンピックは1年延期となりましたが、果たして今年東京オリンピックは開催、そして成功できるのか?

今は悲観的、否定的な世論も一定数ある中ですが、選手や大会運営関係者にとっては気を揉みながらもとにかく強い覚悟で準備をしているのだろうと想像しています。

確かにとてもハードルが高く、過去のオリンピック史上最も難しいチャレンジです。無観客試合になるかも知れませんが、メディアを通じてライブでの観戦を楽しみに待ちたいと思います。極限まで集中したアスリートが生み出す名場面、名シーンをリアルタイムで共有したいからです。そしてもし開催し成功裡に閉会式を迎えたら、感動をありがとう!と拍手喝采の嵐となることでしょう。

その一方でオリンピックそのものも大きな変革を迫られるでしょう。収益源のプラチナチケットの収入は激減するし、それを穴埋めするために放映権を値上げするわけにはいきません。立候補都市が減っている中、巨大な予算を使う最後のオリンピックとなるかもしれませんね。

といった運営上の負の実態は棚上げしといて、期間中のひと時は、アスリートの皆さんに世界の国々へ夢と希望を振りまいてほしいです。

 ラプロスも今年新しいチャレンジをしていきます。そこに新しい人脈、新しい観点、収益構造の転換、そして向上心をくすぐる刺激など、チャレンジで得られるものは数えたらいくつも挙げられます。失敗もあるでしょう。すぐに壁にもぶつかるでしょう。でも失敗を失敗と思わない、成功するまでチャレンジする社風、社長、社員でありたいと思います。

建築家の安藤忠雄氏の著書『連戦連敗』、ユニクロのファーストリテイリング社長柳井正氏の著書『一勝九敗』など世のエネルギー溢れる成功者の発信する言葉はいつも魅力的です。

 本年もラプロスは協力各社様、取引先様の力をお借りしながら、真摯な姿勢で事業に取り組んで参りたいと思います。昨年にも増しての皆様方の熱い応援、そしてご指導を宜しくお願い申し上げます。

 

laprosmaru

樋口社長写真

代表取締役 樋口繁樹

 

広報誌「らぷれたー76号」「新春増刊号」ができました。

2021年1月 ラプロス広報誌「らぷれたー76号」「新春増刊号」を発行しました。

 

 このらぷれたーが皆さまのお手元に届く頃は1月の上旬頃かと思います。先日この編集をしながら社内で「最近の冬は寒さが緩くなったね~。昔は年の瀬に商店街を歩くのが寒くて寒くて・・・、だけど新しいコートを買ってもらうのが嬉しかったなぁ。」なんて話をしていました。

たしかに12月に入った頃(編集時)なのに今の天神のまちには薄手のコートの人が多いのです。

昔は今よりどれだけ寒かったのだろうと気になり、福岡の平均気温を調べてみました。気象庁のホームページによると、2020年1月の福岡の平均気温は9.5度、今から約50年前の1970年1月は4.4度!なんと今より5度以上も低かったのです。

まさかこの他愛もない話で地球温暖化を実感するとは。次は、小さなことでも取り組める地球温暖化対策を調べてみたいと思います。

 

ところで、2021年も弊社ではWEB情報の強化を進めています。ラプロスの戸建て「プロスペリテ」のHPと、インスタグラム。 まだ見られてない方は、ぜひご覧いただければと思う次第です。フォローもよろしくお願いいたします!

logo-prosperite

 

Instagram_AppIcon_Aug2017ラプロスのインスタグラム(フォローよろしくお願いします)

 

 


 

今回のラプレターは、こちらの内容です。ぜひ御覧ください!

  • 積みプラと『家』 しあわせのカタチ

  • ラプロス流免許皆伝GO TO』の巻

  •  こだわりの○○ ~今が旬~ 

 

■ラプレター新春増刊号は、

  ラプロススタッフ全員の 『 新年のご挨拶 』テーマ「今年手に入れたいもの」
お楽しみください。

 ラプレター76号

らぷれたー2021.1月号(76号) web1らぷれたー2021.1月号(76号) web2クリックするとPDFでご覧いただけます<ラプレター76号>

新春増刊号

【作業用】らぷれたー76号2021年新春増刊号web_1【作業用】らぷれたー76号2021年新春増刊号web_2クリックするとPDFでご覧いただけます<新春増刊号>

 

  広報誌「らぷれたー」の記事一覧はこちら >  

 

(さらに…)

【12/25情報更新!】ラプロスの戸建物件サイト「プロスペリテ」最新情報はこちらから

sketch

 ラプロスの戸建「プロスペリテ」の最新情報は下記公式HPへ

logo-prosperite
ラプロス戸建「プロスペリテ」公式サイト

 
Instagram_AppIcon_Aug2017
 

 

当Webサイトでは、弊社の強みである都市型戸建て「プロスペリテ」シリーズの物件情報をはじめ、物件や土地に関する情報やライフプランなど幅広く紹介する内容となっております。

 

お問合せは092-737-2211

までお気軽にお電話ください。

ラプロスは設立以来、ファミリー向け分譲マンション事業を数多く手掛け、子育て世代をターゲットに、リビング中心の暮らしにこだわった商品企画で高い評価をいただきました。そのノウハウを戸建へ展開し、自社ブランドとして世に送り出したのが、「プロスぺリテ」シリーズです。私たちの願いは、家族の“繁栄”(仏:ラ・プロスぺリテ)。家族の理想の暮らしを叶えるために自由設計を基本とし、『ひとつの家にひとつの最適な家』づくりに取り組みます。

 

 

注文住宅、戸建、土地をご検討の方、お気軽にお問い合わせください。

【12/25情報更新!】月極駐車場のご案内

 

 

ラプロスにて管理しております月極駐車場の情報です。

お気軽にお問合せください♪

 


 

☆・☆・☆ アロークロス駐車場(愛宕1丁目) ☆・☆・☆

 

1区画募集中です。

駐車場ナンバー修正_R

普通車区画 / 月額9,000円 / 敷金2ヶ月 / 2020年4月1日から使用可

福岡市西区愛宕1丁目26(現地はこちら_GoogleMAP)

セブンイレブン愛宕一丁目店様(西区愛宕1丁目26-16)の東隣です。

全面アスファルト舗装されています。

 

 

お問合せは092-737-2211

までお気軽にお電話ください。

 


 

 

住まいの購入をご検討の方はこちら

logo-prosperite

 

冬季休業のご案内

 

―冬季休業のご案内―

 

平素は格別のお引き立てを賜りありがとうございます。弊社は下記期間につきまして休業日とさせていただきます。ご不便をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

 

2020年12月26日(土)

~2021年1月3日(日)

新年は1月4日(月)より

業務を開始させていただきます。

 

※販売に関する営業(コンセプトハウスのご案内など)は1月7日(木)からとなります。

※休暇期間中に頂いた販売に関するお問合せ等につきましては1月7日以降に対応させていただきます。

 

 

 

 

 

来場予約・お問い合わせはこちら

092-737-2211

 

注文住宅、戸建、土地をご検討の方、お気軽にお問い合わせください。

【11/30情報更新】募集住戸でました。ザ・パークハウス百道【分譲賃貸】

サブエントランス完成予想CG_引用元【公式】ザ・パークハウス 百道https://www.mecsumai.com/tph-momochi/

 

ラプロス管理 分譲賃貸物件、ザ・パークハウス百道

募集住戸出ました。

2020年12月22日以降内覧可能です。

「ザ・パークハウス百道」

最寄りの地下鉄空港線「藤崎」駅へ徒歩3分。藤崎バスターミナルへ徒歩2分。

天神や博多駅、空港へもスムーズアクセス。

分譲マンションならではの充実したセキュリティと最新住宅設備で安心安全にお過ごしいただけます。

※地下鉄「藤崎」駅から「天神」駅まで10分、「博多」駅まで15分、「福岡空港」駅まで21分

■ご案内可能なお部屋はこちら

■AccessMapはこちら

■設備仕様はこちら

地下鉄空港線「藤崎駅」徒歩3分

百道小・中学校校区

郵便局、銀行、区役所、税務署も徒歩3分圏内!

スーパー(サニー高取店)まで徒歩約7分

ドラッグストア(ココカラファイン藤崎店)まで徒歩約9分

⇒ 詳細はラプロスまでお気軽にお電話ください。

 

 


 

■募集住戸一覧

番号 クリックで間取り図へ↓↓↓ 面積(㎡) 間取 賃料/月 駐車場 敷金 礼金 状況
1号棟5階
60.68 2LDK 入居中
1号棟1階
60.68 2LDK 入居中
1号棟8階
60.68 2LDK 入居中
1号棟9階
60.68 2LDK 入居中
2号棟5階
65.06 2LDK 入居中
2号棟11階
68.92 3LDK 入居中
2号棟7階
75.01 3LDK 入居中
1号棟1階
73.55 3LDK 入居中
2号棟4階
80.12 3LDK 入居中
2号棟8階
75.01 3LDK 入居中
1号棟6階
76.46 3LDK 18.5万円 要確認 1カ月 2.5ヶ月 募集中
1号棟6階
85.47 4LDK 入居中
1号棟3階
85.47 3LDK 入居中
2号棟8階
80.12 3LDK 入居中
2号棟12階
80.12 3LDK 入居中

 

■AccessMap

MAP(HP)

 アクセス(HP)

画像引用元【公式】ザ・パークハウス 百道https://www.mecsumai.com/tph-momochi/

■設備仕様

設備・仕様(HP)_R

画像引用元【公式】ザ・パークハウス 百道https://www.mecsumai.com/tph-momochi/

 

お問合せは092-737-2211

までお気軽にお電話ください。

住まいの購入をご検討の方はこちら

logo-prosperite
広報誌「らぷれたー75号」ができました。

2020年11月 ラプロス広報誌「らぷれたー75号」を発行しました。

 

福岡市が実施している『一人一花運動』の『おもてなし花壇』(スポンサー花壇制度)に2018年よりラプロスも参加しています。

この『おもてなし花壇』とは、多くの方々が訪れる天神や博多などの都心部に花いっぱいの花壇をつくって、花によるまちづくりでおもてなしをしようという取り組みです。

秋が深まっていく様子が書かれた原稿を編集しながら、“うちの花壇”は今何が咲いているかな?と思い、改めて見てきました。

地下鉄空港線「天神駅」12番出口付近にある弊社協賛区画の花壇には、今の季節は赤と黄色のマリーゴールドと、ピンクのベゴニアが力強く咲いています。

他にも天神のまちには北は「那の津口」の交差点から南は地下鉄七隈線「渡辺通駅」付近までたくさんの『おもてなし花壇』があります。

天神にお越しの際はまちを彩る『おもてなし花壇』にも是非注目してみてください。

3_R

 

ところで、現在弊社ではWEB情報の強化を進めています。ラプロスの戸建て「プロスペリテ」のHPと、インスタグラム。 まだ見られてない方は、ぜひご覧いただければと思う次第です。フォローもよろしくお願いいたします!

logo-prosperite

 

Instagram_AppIcon_Aug2017ラプロスのインスタグラム(フォローよろしくお願いします)

 

 


 

今回のラプレターは、こちらの内容です。ぜひ御覧ください!

  • スポーツの秋 ゴルフの研究

  • ラプロス流免許皆伝リビングって?』の巻

  •  こだわりの○○ ~鍋スープ~ 

 

 ラプレター75号

らぷれたー2020.11月号(75号) -web_1らぷれたー2020.11月号(75号) -web_2

クリックするとPDFでご覧いただけます<ラプレター75号>

 

  広報誌「らぷれたー」の記事一覧はこちら >  

 

(さらに…)

2020年11月のメッセージ

『 秋本番です 』2

 

 暑かった夏もようやく台風、4連休とともに去って行き、秋本番となりました。今年の夏はこのところ毎年のように襲ってくる集中豪雨と熱中症対策、過去最強クラスと言われた台風10号対策に加えて新型コロナ対策と、気疲れされた方も多くいらっしゃるかと思います。

 巷ではGOTOキャンペーンで乗り遅れまいと結構周りの知人もリフレッシュに近場、遠くと企画している方も多いです。(わが家は既に乗り遅れておりますが…湯布院の旅館を予約しようとしたら来年の2月まで予約が入っています、と言われました。ゲッ!)

 最近は地球温暖化のせいでしょうか、豪雨、猛暑(というより酷暑)と冬の間の、過ごしやすい春と秋の季節がとても短くなったような気がします。

 それでも、今年も秋分の日が近づけば自宅近くのウォーキングコースの池の周りには赤と白の彼岸花が咲き、10月になると金木犀の花の薫りを浴びて「小さい秋見つけた」ってやつですかね~、幸せな気分になります。

 鴨も海を渡ってきたのか雄雌のつがいを数組見かけるようになりました。

 先日は孵化したての甲羅がまだ3センチもないほどの小さなミドリガメの赤ちゃんが、ウォーキングの時に池から草むらの方にそろりそろりと歩いていました。誰も踏まないようにと祈りつつ一周するうちに、茂みに消えていました。

 当社の入っているビルの大家さんは1階エントランス周りの風除室に季節の花や飾りを施される粋な大家さんで、この原稿を書いている今は、幾つもの鉢植えの秋桜がビルを出入りする皆さんの心を和ませてくれています。1

 虫も花も鳥も、新型コロナって何?ってなもんで逞しく生命を営み続けているわけです。(ま~見方を変えれば、人間の身体を借りて逞しく生命を営み続けているのがウィルスなわけですけど…。)テレビやネットなどで溢れている加工され切り取られた秋の情報より、自分の目で見、耳で聞き、薫りを感じ、触れてみて実感できる秋を短い期間ですが満喫したいと思うこのごろです。

 もちろん、食欲の秋でもあります。美味しいものを「美味しい!」と感じる心身の健康に感謝して、今日も『頂きま~す』ですね。GOTOトラベル乗り遅れにつき、ここはやはりGOTOイートでいきましょ!どこの店でどう使えるの?今から調べよ~っと!

 

樋口社長写真

代表取締役 樋口繁樹

 

広報誌「らぷれたー74号」ができました。

2020年9月 ラプロス広報誌「らぷれたー74号」を発行しました。

 

コロナ禍で世の中大変な状況が続いておりますが皆様どのようにお過ごしでしょうか。外出自粛、リモートワークなどを少なからず体験し“お家時間”を過ごして世のお父さんたちは気づいたことが多々あるのではないでしょうか。 お子さんたちの隠れた才能?に気づいたり、子育てに対しての考え方など。 今年は今後の社会の在り方について大きな変化の起点になる年になりそう。 そんな「これから」の日々を思案した記事が今月号となっています。

 

ところで、現在弊社ではWEB情報の強化を進めています。ラプロスの戸建て「プロスペリテ」のHPと、インスタグラム。 まだ見られてない方は、ぜひご覧いただければと思う次第です。フォローもよろしくお願いいたします!

logo-prosperite

 

Instagram_AppIcon_Aug2017ラプロスのインスタグラム(フォローよろしくお願いします)

 

 


 

今回のラプレターは、こちらの内容です。ぜひ御覧ください!

  • コロナ禍で気づいたこと

  • ラプロス流免許皆伝こんなときの換気』の巻

  •  こだわりの○○ こだわりの神社めぐりの話 

 

 ラプレター74号

らぷれたー2020.9月号(74号)_1らぷれたー2020.9月号(74号)_2

クリックするとPDFでご覧いただけます<ラプレター74号>

 

  広報誌「らぷれたー」の記事一覧はこちら >  

 

(さらに…)

2020年9月のメッセージ

『 「新しい生活様式」で気になること~PART2~ 』

 

 前号から2ヶ月が過ぎ、今思っていること。

想像以上に早く第二波は来るんだな~ということと、それは取りも直さず人間が関わり合いながらでしか生きていけないんだな~、ということです。

経済活動や学びの場など、リモートワークによってかなりの部分は対応可能になってきました。スポーツ分野でも野球、サッカーなど5000人まで観客を受け入れ、発声なしの拍手による応援、リモートによる応援など少しずつ定着してきました。

ただ、場を共有しないチームワーク、人間関係の深化は可能か?という僕の不安というか課題の解決方法はまだ見えません。

 8月6日の西日本新聞朝刊の「コロナ禍を考える」対談シリーズで東浩紀氏(哲学者)と伊藤亜紗氏(美学者)が語っているのが印象的でした。

東氏--『三密を避ける、というのは「感情を共有する場所を排除する」ということです。飲み会も行かなくていいし、スポーツ観戦も家で見ればいい、ライブもオンライン配信でいいじゃないかと。でも「みなさんの感情はそれで大丈夫なのか」と思ってしまう。生活の場で感情が満たされないと、安っぽいポピュリズムが入り込んでくる気もします。』

伊藤氏--『感情は過去の経験の蓄積によってできたある種の判断能力でもあります。いろいろなことが数値化されているが、その分析的な判断を補完してくれる。』

≪中略≫

東氏--『短期的な効率性と長期的な持続可能性は異なる。・・・短期的な効率性を考えたら、人間関係のノイズを切り捨ててデジタルにした方がいいと感じるひとはいるでしょう。しかし、それを追求すると組織も学問も持続性を持たなくなります。』

まさにそうだと。僕の不安(課題)はそこなのです。

また、愛読誌「スポーツグラフィックNUMBER」1008号では映画監督の西川美和氏の連載エッセイでも氏いわく

『ぎゅうぎゅうに人の埋まった満員のスタジアムで、競馬場や国技館で、客も競技者も汗と汗を混じり合わせて一つの戦いを作ってきた人類の習慣は、この先も長く封印されてしまうかもしれない。つばきを飛ばして大声で誰かを応援したり、抱き合って喜びを分かち合うことを否定された先に私たちが見つける人生の楽しさは何だろうか。・・・自分と他人との間にくっきりと境界線を作ることが是とされ、人類が懸命に信じようとしてきた連帯のヒューマニズムが否定されつつある、このいわば「悪魔の仕掛け」に対して、ただズリズリと土俵外まで寄り切られるのか、それともとんちの利いた巻き返しが図れるのか。』

そう、

≪とんちの利いた巻き返し≫

が今の僕たちのウィズコロナ、アフターコロナのテーマなのだと思います。

これは我々世代の郷愁みたいなものではないと言い切れます。愚息と同世代の取引先のリモートワーク当たり前世代の方ですら、リモート結婚式などはちょっとイメージ湧きません無理です、と。

京大の山極総長はゴリラの研究で有名な方ですが、コロナ・ショックに関して『ゴリラは集団から数日離れただけで、元の集団に戻れなくなります。「身体が共鳴し合っていること」が群れのメンバーであ ることの証しなのです。人間は共鳴から外れたとしても、許容力を持っているため、集団に戻ることができます。その許容力を生かした社会をつくるべきだと思う。』と言っています。(日経ARIA)

 不安を課題に、そして課題にトライして実感をつかみ共有し深いところで分かち合える、その「とんち」の答えはもちろん1つではないと思います。行動は引き続き制約を受けますが、とにかく動きながら考えていこうと思う今日この頃です。

 

gorisann
樋口社長写真

代表取締役 樋口繁樹

 

今月のメッセージ
laprosmaru

『 新たなチャレンジでプラスのエネルギーを! 』  新年おめでとうございます。今年一年が皆様方にとりまして安寧な日々が過ごせる良い年になりますように心より祈念申し上げます。 昨年は新型コロナウィルスの世[…]


メニュー
販売物件情報
お問い合わせにYesから始めます