マンション建替えコーディネート

熊本地震被災分譲マンション 建替え第1号「上熊本ハイツ」着工しました

熊本市では初のマンション建替え法による分譲マンション建替え

 

株式会社ラプロスがマンション建替えアドバイザーを担当した熊本市西区の分譲マンション「上熊本ハイツ」建替事業の起工式を2018年8月27日に執り行い着工しました。

2016年4月に発生した熊本地震により団地全体が熊本市の罹災証明で全壊とされた「上熊本ハイツ」の建替えは、熊本市の被災マンションとして最初の建替え事例となります。またマンション建替え法による建替えとしても熊本市では今回が初めてとなります。

建替え後は「アトラス上熊本」の名称で14階建1棟(184戸)の大規模マンションとなります。

詳しい建替事業内容はこちらでご確認ください。

画像アトラス上熊本外観完成予想CG

 ラプロスのマンション建替えHP 

マンション建替えについて詳しく紹介しています。
詳細はこちらから
「藤崎公団住宅マンション建替事業」安全祈願祭をプレス公開いたします

昨年4月にマンション建替え法に基づき建替組合を設立した「藤崎公団住宅」マンション建替事業(福岡市早良区)において、団地4棟の解体工事が概ね完了し、4月より新築工事に着工いたします。施工会社は西松建設㈱で、4月18日に開催する安全祈願祭を、報道関係の皆様に公開いたします。

藤崎公団建替(安全祈願祭)
 詳しくはこちらをクリック【PDF】 

 ラプロスのマンション建替えHP 

マンション建替えについて詳しく紹介しています。
詳細はこちらから
【更新】「マンション建替えの現場のいま」福岡県不動産鑑定士協会主催で講師を務めます。

【更新】

「マンション建替えの現場のいま」をテーマとして講演を行いました。

当日は多くの方にご参加いただきました。誠にありがとうございました。

P1070241_R

講演の様子


 

 

 

--------------------------------------------

2017年12月7日(木) 福岡県 不動産鑑定士協会主催の「不動産の一般公開講演会」で「マンション建替えの現場のいま」をテーマに社長の樋口が講師を務めます。

 

--------------------------------------------

場 所: アクロス福岡 7階大会議室 福岡市中央区天神1-1-1

日 時: 平成29年12月7日(木) 13:30 ~ 16:50(受付 13:00~ )

定 員: 120名

参加費: 無料

詳しくは下記をご確認ください。

201712koenkai_news_01

⇒福岡県不動産鑑定士協の「不動産の一般公開講演会」へのリンクです

 

主催/福岡県不動産鑑定士協会 後援/福岡県・福岡市・北九州市

 

⇒ラプロス マンション建替えHP :http://www.mansion-tatekae.com/

ご相談・お問い合わせは092-737-2211までお気軽にどうぞ!

 

 

「藤崎公団住宅」マンション建替組合設立総会が開催されました

「藤崎公団住宅」マンション建替組合設立総会

マンション建替組合設立総会の様子

 2017年4月16日に藤崎公団住宅マンション建替組合の設立総会が開催されました。

併せて、株式会社ラプロス内に組合事務局を置き、引き続き弊社にて建替えアドバイザー業務を行っていくことも承認されました。

 今後は、組合員の方の住戸選定を行い、その後、仮住まい先の確保や引越しの準備を行い、本年11月~12月の権利変換手続き、来年1月の解体工事着工を目指します。

建替えの概要など詳しくは

 「藤崎公団住宅」マンション建替組合設立認可のニュースリリースを参照 

 

 ラプロスのマンション建替えHP 

マンション建替えについて詳しく紹介しています。
詳細はこちらから
「藤崎公団住宅」マンション建替組合設立認可~旧日本住宅公団(現:UR都市機構)分譲団地を再生~
三菱地所レジデンス 福岡地所 積水ハウス ラプロス
          2017年4月13日

報道関係各位

         
   建替え事業主  藤崎公団住宅マンション建替組合
   事業協力者・参加組合員  三菱地所レジデンス株式会社
                福岡地所株式会社
          積水ハウス株式会社
   建替えアドバイザー   株式会社ラプロス
 

「藤崎公団住宅」マンション建替組合設立認可

~旧日本住宅公団(現:UR都市機構)分譲団地を再生~

 

 10年にわたり検討されてきた「藤崎公団住宅」マンション建替事業(福岡市早良区)において、「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」(以下、マンション建替え法)に基づくマンション建替組合の設立が2017年4 月13 日付にて福岡市長より認可されました。

 藤崎公団住宅(1969年全体竣工)は、福岡市営地下鉄空港線「藤崎」駅から徒歩2分に位置する、日本住宅公団(現:UR都市機構)が分譲した全4棟・地上4階建・総戸数112戸の集合住宅(団地)です。本建替えは、築年数の経過による設備の老朽化、エレベーター未設置等バリアフリーへの未対応、住戸面積の狭さ問題などから、2007年から検討されてきました。2015年より管理組合にて株式会社ラプロスを建替えアドバイザーに迎えて本格的な検討を行い、同年5月に建替え推進決議を可決。2016年6月に三菱地所レジデンス・福岡地所・積水ハウスが事業協力者として選定され、同年12月に建替え決議が成立しました。今後は区分所有者がマンション建替組合の組合員となり、2017年12月頃に権利変換計画の認可取得、2018年4月の着工を予定し、2020年5月の竣工を目指します。建替え後は地上12階建・総戸数231戸のマンションへと生まれ変わります。

▲「藤崎公団住宅」現況写真

▲「藤崎公団住宅」現況写真

 
▲建替え後完成予想CG

▲建替え後完成予想CG

 これまでに全国で15件のマンション建替え実績のある三菱地所レジデンス、福岡都市圏での豊富なマンション開発実績を持つ福岡地所、積水ハウスが事業協力者となり、これまで九州・沖縄において5件のマンション建替え実績のあるラプロスが建替えアドバイザーとなることで、ノウハウを活かして組合員や地域の皆様にご満足いただけるよう事業を推進しています。

 4社は築年数が経過したマンションの再生を社会的課題と捉え、今後も建替支援事業に注力していきます。

<本件に関するお問い合わせ先>
三菱地所レジデンス㈱ 福岡支店 電話:092-731-2270 担当:亀井、藤井


 PDFはこちらをクリック 
(さらに…)

「藤崎住宅マンション建替組合」と「ラプロス」が表彰されました

2016年9月 マンション再生によりまちづくりに貢献したということで、去る9月1日(木)13時~中央区天神のラプロス事務所に住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)本店の加藤理事長、清水秘書役、有田九州支店長が来訪され、藤崎住宅マンション建替組合の氷室理事長、池田、大森副理事長、ラプロス樋口代表が表彰を受けました。

 

藤崎住宅表彰

 

全国の数あるマンション建替え現場の中から藤崎住宅が表彰を受けることになりましたのは、大変光栄で喜ばしいことであります。

 

住宅金融支援機構加藤理事長より、「旧住宅金融公庫時代は直接金融という形で住宅持ち家政策の一翼を担ってきましたが、民営化により間接的な住宅ローン保証業務という形で持ち家政策に貢献するようになりました。一方で民間金融機関にはできない高齢者へのリバースモーゲージ制度などで、マンション再生などまちづくりに関わる団体の後押しをし、機会あるごとに表彰等をしてきました。今回、藤崎住宅マンション建替事業でまちづくりと街並みの発展に寄与されたということで、貴2団体に感謝状を贈呈させていただくことになりました。」との表彰のお言葉を頂きました。

 

藤崎住宅マンション建替え【レジデンス百道】の詳細はこちら

 

 ラプロスのマンション建替えHP 

マンション建替えについて詳しく紹介しています。
詳細はこちらから
熊本市役所主催「地方都市におけるマンション建替えについて」講師を務めます

2016年2月27日 熊本市役所主催の「平成27年度第2回マンション基礎セミナー」で「地方都市におけるマンション建替えについて」のテーマで社長の樋口が講師を務める予定です。

 

場所 : 熊本市役所 14階大ホール

日時 : 平成28年2月27日(土) 13:30 ~ 16:30(受付 13:00~ ) 13:00~

定員 : 100名程度

参加費: 無料

 

詳しくは下記をご確認ください。

熊本市役所へのリンク【平成27年度 第2回マンション基礎セミナー(無料) 「高経年マンションのこれからを考える」】

上記ページの「マンション基礎セミナー」をクリック

 

⇒ラプロス マンション建替えHP :http://www.mansion-tatekae.com/

ご相談・お問い合わせは092-737-2211までお気軽にどうぞ!

 

 

マンション建替えHP更新しました

マンション建替えコーディネーターのホームページを更新しました。

 

昨年夏に竣工した沖縄のマンション建替えの詳細やお知らせなどを更新しています。

 

無料相談会・セミナー等も開催されますので、マンション建替えをご検討の方はお問合せください。

下記クリックで詳細へ!

ご相談・お問い合わせは092-737-2211までお気軽にどうぞ!

 

 

 ラプロスのマンション建替えHP 

マンション建替えについて詳しく紹介しています。
詳細はこちらから
2015年11月のメッセージ

『 終わりよければすべてよし 』

 

IMG_1818

 前号に続き、とあるマンション建替事業の話。

 そのマンションで建替え決議が95%を超える圧倒的支持で採択されたのが3年前の初夏でした。その夏8月に消費税増税法案が可決され2年後の春に消費税を5%から8%に上げることが決定します。さらに世の中的には東日本大震災復興で公共事業の予算規模が膨らみジワジワと建築費が上がり始めました。そしてその年末に自民党安倍政権誕生。大幅金融緩和とアベノミクス効果により一気に建築費高騰が噴き出てきました。

 2年前の年明けの2月に4社の本見積書を開札してびっくり仰天、4社とも予算を何と20%以上も上回った金額でした。それも各社わずか5ヶ月前に提出されていた概算見積りでほぼ予算内に収まる見積もりを提出していたのにもかかわらず…です。

2年後の今でこそ、建築費高騰の問題はオリンピックの新国立競技場問題等で一般の皆さんにも広く知れわたることとなりましたが、当時はデフレからの脱却を安倍内閣が掲げたばかりの頃。諸物価すべてデフレと言われているのに、建築費だけ上がっているなんてありえない!騙された!といった声が理事会、緊急説明会や臨時総会の席で次々と出てきました。ラプロス、デベロッパー、執行部の皆さんまで「嘘つき!」呼ばわりされ、一時期は本当に険悪な雰囲気でした。

そこでの解決策に王道はありませんでした。理事長をはじめ理事の皆さん、デベロッパー担当者、建設会社、関係者皆で毎週、いや毎日のように膝詰め談義というか空雑巾を絞るように知恵をしぼり解決案を協議しました。結局『公平性の高い三方一両損』案で何とか乗り切り事業は再び軌道に戻りました。

 そんなことがあり、今年6月の竣工祝賀会を迎えたわけです。理事長は挨拶の途中に当時のいろんな折衝や苦労心労が頭をよぎったのでしょう、ぐっと声を詰まらせる場面がありました。僕もそれを見てぐっとこみあげてきました。そして、その次に挨拶に立ったデベロッパーの住宅事業本部長もその理事長の涙にもらい泣き…。プロフェッショナルであるデバロッパーの事業責任者が竣工式典の挨拶で涙を流す場面にそう出会えるものではありませんよ。僕も30年の業界歴で自分が関わって竣工した分譲マンションは100棟を超えますが、ここまでぐっ!ときたのは初めてです。理事長をはじめ理事の皆さんの思いとそれを繋いでいったデベロッパーの責任者と担当者、そして設計事務所と建設会社の責任者と担当者、まさに関わった皆さんのこの事業に対する思い入れがすべて凝縮された瞬間であったように思います。その時間を建替事業に関わった 皆さんと共有できた僕は本当に幸せ者です…。

足掛け5年―この建替事業に汗を流して本当に 良かった!と心より思いました。

9年前にラプロス が初めてマンション建替え法を使って建替えた 時の、S理事長の名刺に書いていた僕の大好きな 言葉で2号にわたる建替事業の話を締めたいと 思います。

≪出会いに感謝!≫

代表取締役 樋口繁樹

ラプロス流 免許皆伝~その24~

ラプロス流 免許皆伝~その24~

 

私、アラキの戸建てへの思いをつらねるこのコーナー、今回で24回目です。

 2・3ヶ月ほど前ですが、ある方からラプレター創刊号から全部読みたいとのご連絡をいただきました。嬉しいですね。いや、私のコーナーを気に入っていただいたというわけではないのでしょうけど。

 そこで、創刊から、どんなことを書いていたのかとぱらぱらと読み返してみました。 (さらに…)

今月のメッセージ

『 「つながる」ということ 』 2019年の幕開けです。皆様どんな事を思い描きながら、除夜の鐘を聞かれましたか?新元号の元年でもあり、来年はいよいよ東京オリンピックですね。このラプレター、早いもので昨年末に10周年を[…]


メニュー
販売物件情報
お問い合わせにYesから始めます