『 事実は漫画より劇的なり~ 』

 

IMG_1818

 

 プロ野球もポストシーズン、今この原稿書いているのは第5戦、日本ハム西川選手の9回裏二死満塁からのサヨナラホームラン!のすぐ後です。

僕はもちろんソフトバンクホークスのファンですが、今年に限っていえば日本ハムにただあっぱれ!というしかないですね。野球マンガより凄いです。

二刀流大谷選手のソフトバンク戦での先頭打者ホームラン、ベナントレースを決める西武戦での1安打ピッチングに、クライマックスシリーズ第1戦のソフトバンク戦での再び1安打ピッチング!大谷選手だけではなく抑えで上手くいかなくて先発に回った増井投手の連戦連勝。一連の結末を神がかりとみるか、実力でしょー、なのかは皆さん色々意見があるでしょうが、3ヵ月越しのいいドラマを見させてもらいました。

もちろんソフトバンクが3連覇できなかったのはとても悔しいのですが、日本ハム7月からの破竹の勢いの前に、ファンとしては『参りました!』というしかないでしょうね。

 ソフトバンクの大ファンで久留米在住の89歳のとある女性(お婆ちゃん)がおられます。といっても、知り合いや親戚ではありません。

某新聞夕刊の2面に「ちょっと一言」「まちかど人生」という読者の声の欄があります。ここ数年、ソフトバンクホークスへの熱烈な応援、観戦の話、特定の選手の話、勝ってスカッとした話などで必ず年に数回紙面を賑わしている方です。

80代前半の時から紙面上で見かけていて、このお婆ちゃんよく久留米から西鉄電車に乗ってしかもナイターの試合を遅くまで観戦して・・・すごいな~!と思ってはいたのですが、毎年歳を重ね気がつけば89歳になってお られました。

一言の文面のあとに(福岡県久留米市、女性、89)と必ず出ているので、こちらもまたあの元気なお婆ちゃんやな~!とわかるわけです。

V逸のショックで病気になっているのではないかと、密かに心配して…いたのですが、先週の夕刊紙にそのお婆ちゃん登場です!

『残念がってばかりいても仕方ありません。私は趣味が多彩なんです。野球観戦のほか、ボウリング、登山、カラオケ、民謡、詩吟、今も続けている民謡、詩吟はおなかから声を出しますので体にもいいし楽しいですよ!ホークスのV逸を忘れ、傷心を癒すのにもってこいです。』だって。ハイカラなお婆ちゃんですね~、参りました。

 前回のオリンピックに続きスポーツ観戦話になりましたが、今年は年末の今年のスポーツハイライトの特番が今から楽しみです。でも観戦ばかりでもいけませんので、僕も久留米のお婆ちゃんのように体を動かし、声も腹の底から出して、V逸に落ち込むヒマなく、忙しいこの時期を乗り切りたいと思います。広島と札幌の空気を遠くから微かに吸ってその元気をお裾分けいただきながら…ネ!そして来年はホークスの新たな連覇のスタートの年になりますように。

代表取締役 樋口繁樹

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。